読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ 今を生きるのみ   〜いざ、アフリカへ〜

僕はこの世のことがよくわかりません。自分の考えは間違いだらけでしょう。でもだからって何もしなければ間違ったまま。「君主は日に三転す」という言葉があります。賢者は自分の意見をコロコロ変えても良いのです。自分の考えは間違っているかもしれません。そしたら考えを改めればいいののです。発信から気づく間違いもあるでしょう。発信しようとすることで、新たに知る機会を得ることもできます。まぁこんな感じで、なんか色々書きたいと思ったことを書こうかな。メアド:yo.dash0624@gmail.com

九日目 〜はじめてインターン先の農場を見て回る。ウガンダの農場でPlayStation3で遊ぶ笑〜

 

 

小屋が蜘蛛の巣だらけだったけどんなこと気にしてたら生きていけんわ。トイレに蟻はもちろん、蜂とかとかげとかいっぱいいるし笑。

 

 

今日は朝起きて、ヴァニア(先にインターンきてたメキシコ人の女の子)に誘われて雑草を取りに行った。オニオン、トマト、唐辛子とかいろいろ植えてある。ヴァニアはオランダで農業環境学?的なのを学んでいて、博士号取得にインターン参加が不可欠なためきたんだとか。日本でもそうなると良いよね。

 

その後パトリックから鶏小屋とアヒルの説明を受ける。アヒルの子供がめっちゃいてちょうかわいい。水浴びしたりしていて。飼料は農場で取れたものを使っている。鶏同士の戦いが起きたらどうするだとか、卵産む時どうするだとかどう管理しているかをざっと聞いた。

 

 

その後、ジュリアスに農場全体を案内してもらう。モリンがの木、チリ、いろいろあるんだけど、ほぼ乾季でやられている。2年間とくにエルニーニョとかで干ばつがすごいらしい。水が一滴もないダムとか見せてもらった。作りかけの灌漑システムとか。途中、女の子が膝をついて挨拶してきたのにはびっくりした。5歳くらいの小さい女の子まで、俺のこと見ると膝ついて礼をする。ムズング(アフリカの外の人の呼び名)にはそうするよう染み付いているのかな。今度直接聞いてみよう。

 

 

昼間は日差しに参ってしまった。35度あるし、太陽が直でガンガン当たる。この日差しの中日中活動できるようになるには1週間は必要らしい。お昼寝。

 

 

起きてまた農場についてなどの文書を読み、農場の人たちと交流。金曜の夜ということでアーロン(社長)にゲームに誘われたので、FIFAで対戦した。3-1で勝ってしまったよW

 

 

いやー月明るいな。月明かりでこんなに周りって見えるもんなんだな。満月でとてもきれい。

 

まだ、何をすべきなのか、何ができるのか、自分には見えてこない。