読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ 今を生きるのみ   〜いざ、アフリカへ〜

僕はこの世のことがよくわかりません。自分の考えは間違いだらけでしょう。でもだからって何もしなければ間違ったまま。「君主は日に三転す」という言葉があります。賢者は自分の意見をコロコロ変えても良いのです。自分の考えは間違っているかもしれません。そしたら考えを改めればいいののです。発信から気づく間違いもあるでしょう。発信しようとすることで、新たに知る機会を得ることもできます。まぁこんな感じで、なんか色々書きたいと思ったことを書こうかな。メアド:yo.dash0624@gmail.com

AIで変わる教育 ~AIは教師になりうるのか?~

AIでどこまで教育は変化する?

 

教育においては、個性が異なる個々の生徒に対して多様なアプローチが求められるため、AIは実用的でないという意見がある。

 

果たしてそうだろうか?

 

広がるeラーニング

現在注目されており、実用化も拡大しているものにeラーニングというものがある。

これは情報技術を用いて行う学習のことだ。

 

インターネットの普及に伴い遠隔的にも教師と学習者の相互コミュニケーションが可能になったことで、映像なども利用したより効率的な教育が生み出されている。

 

このように教育も以前より発展してきているのだ。

ではAIの出る幕はあるのか?

 

AIの可能性

逆に考えてみよう。

人間である今の教師たちは、果たして各々の生徒の性格を把握して教育することができているだろうか?

答えは否だ。

 

ここに可能性が見出せる。

 

そうであるならば、AIに様々な人間の性格・才能・特徴などに関するデータをインプットし、それを参照しながら生徒と向き合っていけば、より正確で効率的な教育が可能になっていくのではないだろうか?

 

モチベーションの維持なども、場合によってはAIの方がうまく行えるとも考えられる。

 

もちろん人間によるサポートが必要だろうが、

AIが良い教育者となることも大いに考えられるのだ。