読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ 今を生きるのみ   〜いざ、アフリカへ〜

僕はこの世のことがよくわかりません。自分の考えは間違いだらけでしょう。でもだからって何もしなければ間違ったまま。「君主は日に三転す」という言葉があります。賢者は自分の意見をコロコロ変えても良いのです。自分の考えは間違っているかもしれません。そしたら考えを改めればいいののです。発信から気づく間違いもあるでしょう。発信しようとすることで、新たに知る機会を得ることもできます。まぁこんな感じで、なんか色々書きたいと思ったことを書こうかな。メアド:yo.dash0624@gmail.com

未知なるAI

 

人は言う。時代はAIだと。ネットやテレビでAIについて見ない日はない。今後AIによって世界が変わっていくとも言われている。しかし…

あなたはAIについて完全に説明できるだろうか?

僕も含めAIについて深く理解していない状態の人がほとんどだろう。AIのことを深く知らずしてAIを語ることは不可能。まずはAIとはいったい何なのか解明していこう。

 

〇AI(Artificial Intelligence、人工知能)とは ー 定義

一番簡潔に表現されていたのはコトバンクの記述だ。

コトバンク

コンピューターに知能的な活動をさせることを目的とする研究と技術

人工知能(じんこうちのう)とは - コトバンク

 

 Wikipedia

人工知能 - Wikipedia

 

IT用語辞典→

人工知能とは|AI|Artificial Intelligence - 意味/定義 : IT用語辞典

 

人工知能とは必ずしも人間の思考原理と同じ処理をするわけではなく、知的に見えるよう処理することが重要とのことだが、定義だけ見てもわかることは少ない。もう少し深く探ってみよう。

 

〇AIの仕組み

AIは処理段階によって三つの段階に分けることが出できる。

1知覚(入力)

2意思決定(計算)

3行動(出力)

 

1の知覚はセンサーによって行われる。センサーにはカメラや赤外線など様々なものが使われる。カメラの顔認識や車のオートストップシステムなど、全てこの知覚の段階がもとになっている。

 

【ぶつからないクルマ】「自動ブレーキ」の各社比較 - NAVER まとめ

 

WEBカメラで利用できる顔認識技術まとめ(2015年4月) - littlewing

 

2の意思決定ではアルゴリズムによって計算が行われている。推理、探索、学習など様々なことが行われる。

 

3の行動では1と2で得た情報をもとに実際に外部環境へと出力されるわけだ。

 

このように、

AIは三つの処理段階を経て活動が行われるのだ。

これを理解した上で今後AI情報に触れていくことでより一層知識を深められるだろう。